エステできれいになって、婚活パーティー!

中古車販売店に下取りに出す際のデメリット

中古車販売店で下取りを依頼するデメリットとは

 

新車ディーラーで下取りを依頼し、新車を購入する場合と同様、中古車販売店で中古車を購入し、下取りも依頼するとなると、下取り金額が不明確になりがちであるというデメリットがあるのです。
例を挙げると、希望する車の価格交渉をしている時に、「この車は値引き出来ませんので、下取り価格を高めにしてサービスしますからね」あるいは「オタクが持ち込んだ車は価値がなくて、通常なら廃車処分にしなければならずお金がかかってしまうのですが、特別に無料にて引き取ります」などと言うことを言われたのであれば注意が必要です。
漠然と、値引きできないから、下取り価格を高くするといわれても、実際の下取り価格がいくらであるのか示してもらえなければわからないですよね。
それから、10年使用した車、あるいは、走行距離が長い車であって、車そのものに価値がなくなったとしても、パーツにはまだまだ使用でき、価値が高いものもあるはずです。
お客様の前では、「処分にお金がかかるところ、特別に無料にて引き取ります。これがうちでできる精一杯のサービスなのです」という趣旨のことを言っておきながら、実際にはパーツを使いまわしているという業者が存在します。
もし、そうであれば、中古車のパーツを専門とする業者に買い取ってもらいたいですよね。

 

そうは言っても、本当に車やそのパーツに価値が見出されないこともありますし、値引きできないために、本当に下取り価格を高くしてくれている良心的な中古車販売店も存在します。ただし、残念なことに素人はその仕組みを判断できないため、下取りや買取を依頼するにあたっては、1社のみではなく複数の業者に査定を依頼し、その結果を十分に比較検討してから、業者と交渉を進めていくようにしてください。どんなに古くなった車で会っても財産であることには変わりません。動かない車や事故車であっても、下取りや買取りに対応してくれる業者はあります。財産となっている車を売るのであれば、業者が提示した価格に対して、その価格を鵜呑みにするのではなく、情報収集しておいて相場を知っておくことが大事です。